ネクスタム廣瀬里司の出力

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010年09月08日:第四回PPPイベント

<<   作成日時 : 2010/09/09 15:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0




こんにちは。

いつもありがとうございます。


ザメディアジョン様コアファイン様主催のイベントに参加しました。

プレジデント
プレミアム
フィロソフィー
の頭文字をとった「PPPイベント」というものです。

今回の内容は、新宿ゴールデン街劇場というめちゃめちゃ怪しい場所での講演でした。

経営者が10数名集まって講演を聞くというものです。

本当に怪しいのですが、内容はまともです。

なんと今回は、ジョンソンエンドジョンソンやフィリップスで社長を務めた新将命様の講演です。

怪しいにも関わらず、超大物が講演するというマニアックな企画。


私は、講演では空いていたら一番前に座り、質問タイムでは一番に質問すると決めています。

今回も決めているとおりに実行しました。

失礼な言い方ですが、講演内容は最高でした。

私自身に火をつけていただきました。

本当にありがとうございます。


いい会社造りに活かします!!!



以下、気づきの整理です。

---------------------------------------
■企業には三種類ある。
 1.潰れる会社
 2.生き残る会社
 3.勝ち残る会社

■「勝ち残る企業創りの流れ」を理解することが大切。
 1.株主満足を得るためには、
 2.業績(売上・利益)が良い必要があり、
 3.それを図る指標が経営指標に加えて顧客満足である。そして、
 4.顧客満足を生み出す、のは社員であり、
 5.その社員達が満足して働くために、
 6.経営者が頑張らなければならない

■上記の流れを実現するための「経営の原理原則」とは何か。
 1.情熱
 2.方向性
 3.動機
 4.コミュニケーション
 5.革新

■情熱
 1.自ら火をつけて燃える「自燃」型(組織全体の5〜10%)
 2.誰かがマッチを擦ってくれれば燃える「可燃」型(80〜90%)
 3.一生燃えないか、燃え尽きて灰と化してしまった「不燃」型(1〜2%)
 4.人の火を消す「消火」型(1〜2%)
 5.マッチの擦り方を知っている「点火」型(5%)
 →自燃であり点火できる人が、社長やリーダー。

■自然型で居続けるには?
 家と会社を往復するような生活を単調に繰り返す人は、「成り行き人間」。
 それなりに仕事はするが、人生や生き方に意識的な付加価値作りを
 しない典型的なダメ人間。
 伸びている人やビジネスで成功している人は、大抵納得目標を段階的に
 設定している「目標人間」。
 →1.自燃でいる秘訣は、短期と長期、2種類の納得目標を位置付けること。
 →2.情熱の火を分けてくれる人と付き合うこと。
   30分話していてやるせなくなる人よりは、勇気、覇気、活気、やる気を
   くれてこちらが元気になれる人を選んで付き合ったほうがいい。
   人間は環境の動物ですから、付き合う人間で決まる。

■点火方法=部下の動機づけ
 1.現状を示すと同時に、将来の方向性を示してあげること。
  →今後どうなりたいかという「理念」と数値的な「目標」を確認し、
   どうやって達成させるかという「戦略」や細かく現場に落とし込む
   「戦術」を考える。忙しくても夢があって光が見えれば社員の
   疲労感、疲弊感、閉塞感はなくなる。
 2.「ストレッチ納得目標」を与えること。
  →大切なのは、目標を作るプロセスに部下を参加させること。
 3.正しい権限委譲。
 4.「8褒め2しかり1フォロー」
 5.公正な評価と処遇。

■その他
 ・経営とは、人材を育成するという意味である。
  →ケイエイは「継栄」(継続して繁栄する)という意味合いもある。
 ・経営とは、「今どこだ(現状把握)」、「どうなりたい(理念と目標)」
  「どうやる(戦略立案)」、「どうなった(戦略の実行評価)」を
  明確にすることである。
 ・社長を辞めるとき、どんなに数字面ですばらしい業績をあげていても、
  後継者を育てていなければ50点以上は与えられない。
  →社長の責任の半分は、少なくとも後継者の育成である。
 ・成功する会社はなぜ成功するのか。成功するようにやっているからだ。
  失敗する会社はなぜ失敗しているのか。失敗するようにやっているからだ。
  by松下幸之助
 ・「Big Company」より「Good Company」が良い。
 ・ロシアに「魚は頭から腐る」ということわざがある。
  会社は新入社員から腐ることはない。腐るとすれば社長から腐る。
 ・すべてのビジネスの失敗の80%以上はコミュニケーションの不備に起因する。
 ・優れたリーダーは優れたコミュニケーターである。
 ・勝ち残る会社は、社員が活性化している。
 ・優れた社員は優れたサービスを提供する。







経営の教科書―社長が押さえておくべき30の基礎科目
ダイヤモンド社
新 将命

ユーザレビュー:
奇しくも・・・まさに ...
何度でも読める経営の ...
経営学者が書いた「経 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 経営の教科書―社長が押さえておくべき30の基礎科目 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2010年09月08日:第四回PPPイベント ネクスタム廣瀬里司の出力/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる