ネクスタム廣瀬里司の出力

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009年10月31日:バルセロナのカンテラ

<<   作成日時 : 2009/11/01 19:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

野球に匹敵するほど、サッカーも好きな私。


毎週リーガ・エスパニョーラはかかさず見ている。

特にスペインのバルセロナが大好き。
(新婚旅行もスペインにいった)


バルセロナ(以下、バルサ)って、何がすごいっていうと、
勝つという結果だけでなく、常に攻撃的で魅せるサッカーを
しなければいけないという使命を課せられており、
そして、それを実践しているところ。

「美しく勝つ」

そして、世界のトッププレイヤーの憧れのチームの一つでもある。

いちファンとして、見ていても飽きないし、ほんとうにおもしろい。

他にも、変わったところがたくさんあって、特徴的。


例えば、ボールポゼッションが異様に高いこと。
(自分たちでボールをまわし続けて、相手に取られないので、ずっと攻めている。
 それだけのテクニックが全員にある。)

小さい年代から選手を育て、トップチームに送り出している。



後者が特に凄い点だ。

今のプロスポーツは、優秀な選手をお金で集めてくるチームが一般的で、
自前で選手を育て結果を出すまで、周囲が許してくれない。
(ファンは勝利という結果を求めるからね。)


しかし、バルサは、基本的に自前の選手を育てることにこだわっている。

カンテラという下部組織をしっかりと運営し、「美しく勝つ」というバルサの
ポリシーを小さい頃から植え付け、トップチームへ送りだしている。

そのことが詳しく書かれているのが、



史上最強バルセロナ 世界最高の育成メソッド (小学館101新書 56)
小学館
ジョアン・サルバンス

ユーザレビュー:
実用的でとても参考に ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



史上最強バルセロナ 世界最高の育成メソッド
ジョアン・サルバンス著
小学館101新書


である。


効率的な練習で、人をいかに育てていくのか、バルサ流が赤裸々に書かれている。



長所を伸ばすこと


指導者には対話が重要なこと


状況を読む力が何よりも大切(テクニックよりも)


相手を納得させること


などなど、優れた指導をするためには、何が重要かが中心に記載されている。


指導者自身が誰よりも勉強し、多くの時間をそのことに費やし、
全力を指導に傾けることが何よりも大事だと感じた。


熱意が一番!!!!







FCバルセロナスクールの現役コーチが教えるバルサ流トレーニングメソッド
アスペクト
村松 尚登

ユーザレビュー:
少し残念PTPの解説 ...
小学生のコーチに最適 ...
素直に読めば、新たな ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2009年10月31日:バルセロナのカンテラ ネクスタム廣瀬里司の出力/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる