ネクスタム廣瀬里司の出力

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009年09月25日:日本ベンチャー大學 公開講座9月25日【歴史実地見学】武相荘・白洲次郎旧宅へ

<<   作成日時 : 2009/09/25 22:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

本日は、日本ベンチャー大学主催の公開講座に参加した。
テーマは「【歴史実地見学】武相荘・白洲次郎旧宅へいく」である。

講師は、ザメディアジョン山近社長。ゲストとして、ラブリークィーン井上会長と私。

午前中は、白洲次郎についての講義。
午後からは、武相荘の実地見学。


白洲次郎については、NHKドラマやwikiなどで予習していた。
彼の生き方や考え方に興味があり、自分なりの考えをもっていた。しかし、彼について他の人たちはどう捉えているのかが知りたかったし、武相荘を実際に見てみたかったのが参加した理由。

午前中の講義では、白洲次郎の基本を山近社長が講義。終戦からサンフランシスコ講和条約までの流れの中で、白洲次郎がどのような関わったのかを中心に話が進む。
自分の知らないマニアックな歴史知識が随所に見られ、流石だと思った。
特に奄美諸島が米軍占領下にあったことは知らなかった。

最後のまとめとして、「平成のプリンシプル」というお話があった。
「国家」「自分」「家族」「世界」「郷土」「先祖」にプラスして、「地球」「会社」で全てが構成されている、とのこと。
ものすごく納得した。
今の自分が何にウエイトをおいていて、何が欠けているか、再考したいと思う。

いくつか、白洲次郎の名言を。
 「われわれは戦争に負けたのであって、奴隷になったのではない」
 「人に好かれようと思って仕事をするな。むしろ半分の人には嫌われるように積極的に努力しないと良い仕事は出来ない。」
 「仮にも天皇陛下からの贈り物をその辺に置けとは何事か!」
など、多数。


お昼は、井上会長と日本ベンチャー大学の方々と。
井上会長からは、経営に関する様々なアドバイスをいただいた。
本当にありがとうございます。
 Keyword:「経営理念をしっかりと練り上げる」「同じ注意をされない気づき」「情熱をもって取り組む」
武相荘への移動中も、若輩者に熱い想いを話していただいた。



武相荘見学。
平日にも関わらず、観光客で賑わっていた。
自分の父親の実家に似ている感じがして、親近感がわいた。
ただ、古いながらもインテリな感じをうけた。

画像


感じたことは、成長するためにはアウトプットが大事。しかし、インプットがなければ、アウトプットできないということ。インプットの方法は、人から聞いたり、本を読んだり、ネットサーフィンしたり、テレビ見たり、方法はいろいろあるけれども、実際に現場に足を運ぶことが重要だと思う。そのインプットから何を感じることができるかは、アウトプットを出し続ければ、洗練されていくはずだ。
まだまだ、勉強が足りない。


「一生感動・一生勉強・一生青春」



※それにしても、自分は人前で話をすることが下手である。強みに変えられるように頑張らねば。




風の男 白洲次郎 (新潮文庫)
新潮社
青柳 恵介

ユーザレビュー:
爽快社長から読んでみ ...
白洲次郎の業績を世に ...
一陣の風が通り過ぎた ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

白洲次郎・正子の食卓
楽天ブックス
著者:牧山桂子出版社:新潮社サイズ:単行本ページ数:143p発行年月:2007年01月この著者の新着

楽天市場 by ウェブリブログ

NHKドラマスペシャル 白洲次郎 DVD-BOX
Happinet(SB)(D)

ユーザレビュー:
待ち遠しいです。放送 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2009年09月25日:日本ベンチャー大學 公開講座9月25日【歴史実地見学】武相荘・白洲次郎旧宅へ ネクスタム廣瀬里司の出力/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる